[競艇]フォーメーション舟券とは?おすすめな買い方や狙い目を徹底解説

競艇・舟券の買い方

「競艇は6艇だから3連単でも当たりそうなのに当たらない。」
「とはいえ、点数を増やすと当たっても損をするかもしれない」

競艇は基本6艇で競争が行われる事から最も的中しやすい公営競技。そのため、3連単で大きな配当を得ようとさまざまな買い方を検討している人はとても多いはず。

とはいえ、着順通り3艇を選ぶ3連単は毎回当てられるほど簡単なものではありません。とにかく当てたくて、開催されるレースを手当たり次第買っているなんてことはないでしょうか。

レースの開催数も多い競艇では手当たり次第買う買い方は得策とは言えないでしょう。戦略的に舟券を買ってこそ勝てる確率が高まるのです。

そんな3連単の戦略的な買い方として、活用してほしいのがフォーメーション舟券と呼ばれるもの。フォーメーション舟券と競艇のセオリーを照らし合わせ、最適な買い方をすることが勝ちへの近道になるはずです。

今回は、フォーメーション舟券とはどういう舟券なのか、フォーメーション舟券を買うべき時や注意点を紹介していきたいと思います。あわせて、「スジ」と呼ばれる競艇のセオリーについても解説するので、「偶然ではなく狙って当てる」と考える人はぜひ参考にしてください。

フォーメーション舟券とは?

競艇 三連単 フォーメーション

競艇のフォーメーション舟券とは、1着の列や2着の列、3着の列を分けてそれぞれに複数の選手を指定する買い方。

1着に1番と2番、2着に3番、3着に1番・2番・3番と指定した場合、

・12-3-123

とサッカーのフォーメーションのように表されます。

慣れていないと少し複雑に感じてしまいますが、的中率を高めるためにぜひ覚えておきたい買い方です。「無駄な購入点数を増やしたくないけど、さまざまな展開が考えられる」といった場合に特に有効になってきます。

例えば、普通に決まれば1号艇が有利だけど、実力は2号艇の方が上という場合には1着に1と2を置いて2・3着を絞る。1着は実力通り決まりそうだけど2・3着は誰が来てもおかしくないから広く買う、といったように臨機応変な買い方が可能です。

フォーメーション舟券は3連単はもちろん、2連単などにも有効な買い方。他に流しやボックスといった買い方もありますが、もっとも予想の力が反映される買い方といっても過言ではありません。

極力無駄な点数を抑えたい、さまざまな展開に対応できる舟券予想をしたいといった際におすすめな買い方です。

3連単のボックス買いについても紹介している記事があるので、あわせて参考にしてください。

フォーメーションで買うべきレース

競艇 3連単 フォーメーション 買うタイミング

フォーメーションの買い時や一番よく使う場面としては、上位入着する選手を絞りきれない時でしょう。

例えば、1着は1号艇が固いレースがあったとします。

ですが2着に入りそうな選手は2号艇から4号艇、3着に入りそうな選手は2号艇から5号艇というレースがあったとします。

そういうレースはフォーメーションで購入する事でより的中率を上げる事が出来ます。

その時の舟券の買い目は[1-234-2345]となります。

その際の購入点数は9点となり、あとは予想したレースを楽しむだけです。

ただし、的中率を上げる事が出来るフォーメーション舟券ですが、注意しなくてはいけない事やデメリットもあります。

続いては、フォーメーション舟券を購入する際の注意するべき点を紹介したいと思います。

フォーメーションの注意点

競艇 3連単 フォーメーション 注意点

フォーメーション舟券は的中率が上がる代わりにどうしても購入点数が多くなりがちです。

購入した金額より、配当で得た金額の方が少ないトリガミという状態になってしまう事も少なくはありません。

仮に、9点を均等な金額で購入するのであれば、1番低い倍率が9倍以上である事を確認してから購入するようにした方が良いでしょう。

もしくは、購入点数を少なくするというのも一つの手です。どれだけ購入点数を絞れるかも予想手順の一つだと考えてください。

それでは、購入点数を少なくする予想をする時はどのような考えを取り入れるべきなのか。ここからは、ぜひ覚えておきたい競艇のセオリーとも言える、スジという考え方について説明したいと思います。

競艇のスジとは?フォーメーションに取り入れたい競艇のセオリー

競艇 3連単 フォーメーション スジ

スジとは競艇における着順予想の手法の事です。

スジを理解している事で舟券予想をする上でより理論的に予想をする事が可能となります。

また、点数を絞る際にも有用な手法の一つと言えます。

では具体的にスジというのはどういったものなのかを説明していきます。

イン逃げのスジ

決まり手がイン逃げのスジはスタート時の体系で変化はありますが、スタート横並びの際は「1-23-234」の出目が基本の形となります。

そこから、例えば3コースが凹んだスジは「1-245-2345」

3コース、4コースが凹んだスジは「1-25-23456」といった形になります。

なので、イン逃げ予想をする上でスタートがどういう形になるのかという予想が重要になってきます。

差しのスジ

決まり手が差しの時のスジですが、

「2-1-3456」
「3-12-123456」
「4-12-123456」

というように1コースの選手が残りやすいという特徴があります。

それは差しで決着の時の第一ターンマークの攻防で1着艇の引き波の影響を他の艇が受けにくいという特徴から、比較的3着予想も難しい決まり手と言えます。

捲りのスジ

競艇 3連単 フォーメーション スジ

決まり手が捲りの時のスジですが、
・「3-14-1456」
・「4-156-156」

といった様に、捲った艇の外側の艇が絡む事が多くなります。

これは差しとは逆に捲りの際は捲った艇の内側にいる選手は捲った艇の引き波をモロに受けていまう事が大きく影響しています。

捲り差しのスジ

決まり手が捲り差しの時のスジですが、
・「3-1-456」
・「5-1-236」


といった様に、捲りの影響を受ける選手は残りずらく、捲りの影響を受けない選手が残りやすい、そしてインコースが2着となる事が多いと言えます。

競艇のスジを考慮した上でのオススメフォーメーション舟券を紹介

競艇 フォーメーション おすすめな買い方

ここからは、スジを考慮した上でどんなフォーメーション舟券があるのか、またそれはどのようなレースなのかを説明していきます。

基本的なフォーメーション舟券

これからいくつかフォーメーション舟券を紹介したいと思いますが、これらは割と人気なフォーメーション舟券な為、配当が低い事も少なくはありません。

ですが、基本となるフォーメーションなのでどういった条件の時にこのフォーメーションになるのかは覚えておいた方が良いでしょう。

「1-234-2345」

1コースの選手が強く234の選手の実力が拮抗、またスタート力にも差がない場合におすすめのフォーメーション舟券です。

但し配当も低い可能性は高く、9点購入ではトリガミの可能性がある場合は2着か3着で1点削ると6点か7点となる為、トリガミの可能性は低くなります。

「23-1-123456」

2コース3コースの実力が1コースよりも上ではあるものの、1コースの選手のスタート力はそこまで低くない場合におすすめのフォーメーション舟券。

競艇はやはり1コースが有利の為、実力が上の選手が2コース3コースにいる場合、差しの選択が多くなります。

そのため、そういったレースでは狙いにいきたいフォーメーション舟券です。

「4-15-123456」

4コースの選手が実力上位の場合に狙っていきたいフォーメーション舟券です。

また、5コースの選手が実力下位であっても4コースが攻めた場合には展開が向きやすく、高い配当にも期待出来る事があります。

変則的なフォーメーション舟券の紹介

競艇 フォーメーション 変則的

続いては、少し変則的なフォーメーション舟券を紹介したいと思います。

基本的なフォーメーション舟券に比べると、比較的高い配当が狙える舟券と言えます。

「1-23-456」「1-456-23」

1コースの選手が強く、2コースから6コースの選手の実力が拮抗しているが、1-23-234の配当が低い場合にオススメのフォーメーション舟券。

実力が拮抗している為、内側のコースから売れていく事場合が多いですが、実はそこまで固いレースではない事も多く、配当も美味しい場合があります。

「23-234-23456」

1コースの選手のスタートに不安がある場合での捲り決着でのおすすめフォーメーション舟券で、2コースの捲り決着or2コースの捲りに対しての3コースの差し決着に期待するフォーメーション舟券です。

ただし、購入点数が多くなってしまう事と、番組次第では思ったより高い配当にならない事もある為、トリガミは意識した方が良いでしょう。

「4-156-156」

4コースの捲りか、捲り差し決着を予想した際に少ない点数でいきたい場合にオススメのフォーメーション舟券です。

6点という購入点数の為、ほぼトリガミになる事はなく、また出現期待度も高く、4-6の目は高配当も期待出来るフォーメーション舟券です。

「5-14-1456」

4コースの捲りに期待したいが、1コースの選手が実力上位の時の穴狙いで狙いたいフォーメーション舟券です。

4コースの捲りに対して1コースが抵抗した場合に1番チャンスとなるのが5コースの選手となります。

この舟券は高配当の期待が高い割には意外と見る事がある舟券でもあります。

ただ、1が逃げ切ってしまう事も考えて、1-5の舟券も抑えておくのも良いかもしれません。

まとめ

競艇の醍醐味は第一ターンマークの展開を予想する事だと考えてます。

そんな予想を上手く形にする事が出来るフォーメーション舟券ですが、購入する際には点数が多くなりがちです。

トリガミでも良いから的中を優先したい方や、トリガミだけは嫌だという方もいたりと様々な方が楽しむ競艇ですが、この記事を読んでくれた方がフォーメーション舟券やスジを予想する事でより競艇を楽しむ事が出来れば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました